簿記3級 資格取得のための勉強法

これから簿記3級の資格を取ることを考えている方へ


もちろん簿記3級の資格試験にも、傾向と対策があります。
傾向と対策というのは、例えば、
出題範囲
出題形式
問題のレベル
などです。

やみくもに参考書などを丸暗記していくよりも、簿記3級の試験問題の傾向と対策を理解しておくことで、効率的に合格に近づけます。

ですから、まずやるべきことは

  • 簿記3級 資格取得までの道筋を把握する
  • そのために必要な学習時間を把握する
  • 問題傾向を理解して効率的な学習方法を知る
  • 最短で合格するための学習プランを立てる

です。



簿記3級 試験勉強体験談

簿記とは、企業における日常取引を伝票や帳簿に記入することを言います。
例えば商品の売上や仕入の費用、公共料金の支払い、建物や車の購入等の取引を決められた基準によって処理します。
そうすることで一年間の利益を確定させたり、資産や負債の金額が分かったりするのです。

企業の中で簿記を利用して行う仕事は経理です。
現金を扱う仕事なので簿記の知識は非常に重要になります。
簿記という資格は、試験を受けることで取得することが可能です。
初心者の方が勉強するには3級から行うのが一般的で、これが基本になります。

私は独学で簿記3級の勉強を行ったのですが、当初は思うように勉強が捗りませんでした。
その原因は言葉の意味や仕組みを理解していなかったからです。
簿記は一定のルールに従って行うもので、その中で重要なのは仕分の理解です。
仕分とは日々の取引を帳簿に記入する方法を言い、簿記を勉強する上での基本です。
これから勉強する方は、まず仕分の理解から始めることが重要です。
仕分をきちんと理解することが資格取得の近道なのです。

一通り試験範囲の勉強を終えたならば、後はひたすら練習するのみです。
簿記3級は反復することが重要な試験です。
問題を見て考えるというよりは、体が勝手に反応するくらいまで練習を行います。
そうすることで、実際の試験でも慌てることなく取り組めるのです。

私は以前から経理に興味があったので、簿記3級を取得したことで目的の職に就くことが出来ました。
経理に興味のある方は簿記3級を勉強し、資格の取得をお勧めします。


簿記3級の資格を取ろうとしたのは、夫が起業することになったからです。

私もその会社を手伝うことになっていたので、まず妻が夫の会社を手伝うのは経理で、その為には簿記3級くらいは必須だと思ってました。

実は高校の頃、選択教科ですこしやったことがあるので、全くの初心者でもないからなんとかなるだろうとも思っていました。

早速本屋さんに行って参考書を物色しました。

何かを始める際に、真っ先に書店に行くのが私のやり方です。

一冊はごく普通のわかりやすい参考書にして、もう一冊はワークシート形式のものを買いました。

ワークシートに記入しながらの勉強は好きなのです。
そしてさらに経理の仕事に関して書かれた本も一冊買いました。

目標があるので、意外なほど勉強は楽しく毎日のようにワークシートに記入しながら勉強していたのですが、ある日効果的な資格試験の勉強の仕方をネットで知るったのです。

その方法とは、過去問をとことん解きまくるという方法で、これなら絶対に受かるというのです。

簡単にいうと丁寧にテキスト全部勉強しても、永遠に出て来ないタイプの問題というのがあり、それをやる必要は無いということだったのです。

だから過去問は必ず書店に並んでいるんですね。
私はその時初めて知りました。

慌てて過去2年の問題を買ってきてとことん解いていきました。

結果は独学で一発合格することができました。

そこで終わってしまってますが、勉強が楽しかったので2級も受けたいくらいです。


お金の流れが分かるということで、簿記を学ぶことにしました。
何も分からなかったので、簿記3級にチャレンジをしてみました。

現金や売上などの用語は分かったものの、他の物は見たことがないようなものも含まれていたので、まずは用語を覚える事に集中しました。

そして次に仕訳という作業に取り掛かるのですが、どちらにどれを置いていいかが分かりませんでした。
基本的なもので、現金を支払った場合には貸方に書き、もらった場合には借方になるという事で、資産が増えた時も同じような事になるということを理解しました。

仕訳は右と左が同じ額になる事が前提条件にあるので、正確に決まるので、少し解いていくうちに段々コツを掴んできます。

また他にも掛けで売ったり、買ったりする事もありますが、その場合には現金と同様に仕訳をするというものが分かります。

最初は分からない用語が並んだり、数字が並んでいるので頭の中がごちゃごちゃになりました。
でも書いている事は良く読むと日常でもよく使われるものも多いので理解しやすいです。

しかし一つひとつ読んで、そして理解する事で解いていけるようになりました。
そこからは問題集をやっていく事に全力になっていき、質も重要ですが数をこなすことに集中していきました。


職場の上司から簿記の資格くらい持っておけ、と言われたのをきっかけに簿記の勉強をすることにしました。
独学ではやはり効率が悪いと思ったので、簿記の資格のための学校に通うことに。
出費は痛かったのですが、独学で勉強して結局不合格になるよりは、集中的に勉強した方がいいと思ったのです。
簿記を勉強するのは始めてのことだったので、最初は難しいと感じましたが、さすが講師の先生の方が教え方が上手く、すぐに理解できるようになりました。
数か月仕事の帰りに毎日学校に通い、勉強しました。
3級はある程度簡単な問題のため受かりやすいと聞いてはいましたが、習ったことを忘れないように家でもしっかり復讐をしていました。

仕事と両立するのは大変でしたが、学生に戻ったような気がして楽しい面もありました。
学生の頃は不真面目だったのに、授業の終わった後に先生に質問に行ったり、自分でもびっくりするほど真面目な学生生活を送りました。

秋に試験が行われ、無事合格。
前日に見直したところがバッチリ問題に出たのはラッキ-でした。
仕事にも簿記の勉強で蓄えた知識が役立っています。
次はぜひ簿記の二級に合格し、ゆくゆくは公認会計士の資格も取りたいと大きな夢を持っています。






同じカテゴリーの最新の記事