旅行業務取扱管理者 資格取得のための勉強法

これから旅行業務取扱管理者の資格を取ることを考えている方へ


もちろん旅行業務取扱管理者の資格試験にも、傾向と対策があります。
傾向と対策というのは、例えば、
出題範囲
出題形式
問題のレベル
などです。

やみくもに参考書などを丸暗記していくよりも、旅行業務取扱管理者の試験問題の傾向と対策を理解しておくことで、効率的に合格に近づけます。

ですから、まずやるべきことは

  • 旅行業務取扱管理者 資格取得までの道筋を把握する
  • そのために必要な学習時間を把握する
  • 問題傾向を理解して効率的な学習方法を知る
  • 最短で合格するための学習プランを立てる

です。



旅行業務取扱管理者 試験勉強体験談

私は3年前に大学を卒業して現在は旅行会社に勤務しています。
私は現在勤務している旅行会社に入社した当初は仕事を覚えるのに精一杯であまり他のことをする余裕が無かったのですが、数年働いてきて仕事を少しずつ覚えてきたので少しずつ余裕が出てきて他のことをやってみようと思いました。

そして私は現在の会社でより必要となれる人材になりたかったので資格を取ることにしました。
資格を持っていることによって自分の専門性をアピールすることができるので、資格を取得することによって会社からも評価されます。

そして私の勤務している会社の業種は旅行関係なので旅行関係の資格を取ることにして、旅行関係の資格の一つである旅行業務取扱管理者の資格を取得することにしました。

そして旅行業務取扱管理者の試験はマークシート方式で行われる試験なので基礎知識をしっかり身につければ合格できると考えてテキストをしっかり読んで過去問を解くという基本的な勉強方法を何ども繰り返しました。
そして平日の仕事のある日も少し早起きして1時間くらい勉強して、仕事の休みの日には3時間くらい集中して勉強をしました。

そして勉強をした成果が出て1回の受験で合格することができ、資格を取ることができました。






同じカテゴリーの最新の記事