保育士 資格取得のための勉強法

これから保育士の資格を取ることを考えている方へ


もちろん保育士の資格試験にも、傾向と対策があります。
傾向と対策というのは、例えば、
出題範囲
出題形式
問題のレベル
などです。

やみくもに参考書などを丸暗記していくよりも、保育士の試験問題の傾向と対策を理解しておくことで、効率的に合格に近づけます。

ですから、まずやるべきことは

  • 保育士 資格取得までの道筋を把握する
  • そのために必要な学習時間を把握する
  • 問題傾向を理解して効率的な学習方法を知る
  • 最短で合格するための学習プランを立てる

です。



保育士 試験勉強体験談

保育士の資格を持っています。

短期大学に2年間通い、所定のカリキュラムをクリアすると資格を取得することができました。

とは言っても保育原理・教育原理・養護原理・小児保健・精神保健・発達心理学・小児栄養・まだまだ書ききれないほどの科目と、ピアノや歌・図工・体育などさまざまなものでした。

保育所、幼稚園、施設での実習があり、毎日毎日計画案を作成し、担当の先生のOKをもらうまで作成し直し。

OKが出たら実行。そして反省。

それはそれは大変な実習期間でした。

子供たちの前では恥ずかしさと戸惑いとものすごい緊張で、パニックになりながら実習したことを覚えています。

でも、素敵な資格を活かし、就職でき、両親にはとても感謝しています。






同じカテゴリーの最新の記事