二級ボイラー技士 資格取得のための勉強法

これから二級ボイラー技士の資格を取ることを考えている方へ


もちろん二級ボイラー技士の資格試験にも、傾向と対策があります。
傾向と対策というのは、例えば、
出題範囲
出題形式
問題のレベル
などです。

やみくもに参考書などを丸暗記していくよりも、二級ボイラー技士の試験問題の傾向と対策を理解しておくことで、効率的に合格に近づけます。

ですから、まずやるべきことは

  • 二級ボイラー技士 資格取得までの道筋を把握する
  • そのために必要な学習時間を把握する
  • 問題傾向を理解して効率的な学習方法を知る
  • 最短で合格するための学習プランを立てる

です。



二級ボイラー技士の資格取得体験談

ビル設備の仕事で二級ボイラー技士取得を迫られ勉強を開始したのですが、この資格は少し特殊でただ勉強して試験を受けるだけでは取得することができません。

試験の前に国が定める資格の勉強会のような場所に出向く必要があって、各所の主要都市周辺で勉強会は行われています。

現在の最新の建物などにはボイラー資格が必要な設備が少なくなってきていますが、この資格はビル設備員としての証明のような意味合いも持っており、求人の必須資格の中に指定されていることもよくあります。

私はビル設備の現場で実際に実務を経験してからの取得だったので、勉強会などでより職場にあったボイラーなどを詳しく知ることができて、素直に楽しい資格取得となってくれました。

勉強する内容もボイラー関連の法律から仕組みまでと色々あるのですが、それほど突っ込んだ内容でもないので、ボイラー関連の知識を広く浅く手に入れるというような内容です。

そのため、しっかり勉強していれば落ちることは少なく、実際の試験では自己採点で全問正解を達成することができました。

当然試験も合格し二級ボイラー技士の資格を取得することができたので、職場では資格手当も支給されるようになって給料が今までより増えました。






同じカテゴリーの最新の記事