ファイナンシャルプランナー 資格取得のための勉強法

これからファイナンシャルプランナーの資格を取ることを考えている方へ


もちろんファイナンシャルプランナーの資格試験にも、傾向と対策があります。
傾向と対策というのは、例えば、
出題範囲
出題形式
問題のレベル
などです。

やみくもに参考書などを丸暗記していくよりも、ファイナンシャルプランナーの試験問題の傾向と対策を理解しておくことで、効率的に合格に近づけます。

ですから、まずやるべきことは

  • ファイナンシャルプランナー 資格取得までの道筋を把握する
  • そのために必要な学習時間を把握する
  • 問題傾向を理解して効率的な学習方法を知る
  • 最短で合格するための学習プランを立てる

です。



ファイナンシャルプランナー試験勉強体験談

経済に関する勉強が好きで、その延長でファイナンシャルプランナーの資格を取ろうと思いました。
ファイナンシャルプランナーは3級と2級に関しては金融機関の勤務経験がなくても取得できるので、まずは3級を目指して勉強を行いました。

3級に関しては年金や保険、税金の計算など初歩的な勉強が多くて、元々の知識で補える部分があって助かりました。
もちろん、資格取得において最も大事なのは試験対策ですから、過去問題集を購入して何度も勉強を行いました。
その結果、1度の受験で3級の試験に合格する事ができました。

これで2級の受験資格が発生するので、2級の取得に向けて勉強を始めました。
やはり2級になると、ある程度の知識や勉強だけでは補えない部分があるので、テキストや問題集を何冊も購入して勉強に励みました。
問題によっては複雑な計算を求められる場合もあったので、扱いやすい電卓を購入したりもしました。
自信度は70%程度の状態で試験に向かいました。

その結果、午前だけ合格して午後は不合格なりました。
午前は知識を詰め込めばどうにかなるのですが、午後はしっかりと知識を応用して理解する力がなければ受かりません。
それから、午後対策として何度も保険や税金に関する計算を完璧にできる状態にまで勉強を重ねて、また試験を受けました。

その結果、何とか午後をクリアして、晴れて2級を合格する事ができました。
1級の受験資格は金融機関の勤務経験が必要になるので、これからは受けられませんが、またいろんな勉強をしたいと思っています。


私は最近気になるファイナンシャルプランナーの資格を取ろうと勉強することにしました。
このきっかけはCMで興味を持ったのと、日頃身の回りに溢れている税金やそれらの制度を知らないから勉強ががてら資格を取ってみようと思ったからです。

実際に勉強を始めてみますと、全く理解できませんでした。
普段身に関係ある固定資産税などは理解はできるのですが、住宅控除、株式資産運用など意外に幅広くその点に苦労しました。
先ずはファイナンシャルプランナーのテキストを買ってから勉強を進めて行って次には過去問をホームページなどからダウンロードしてコピーしたりもしました。

これだけですと不完全に思いましたので、ネットの一問一答タイプのサイトも利用しました。
これだけ勉強していましたら理解が深まっていって良かったんですが、実際に模擬模試をしてみると…完全には点数が取れなくて落ち込んでしまいました。
見た事のない新作の問題が出来なければ意味がありません。
応用が出来る様にならないと合格までは遠いですので身近な税法やファイナンシャルプランナーに関係がある事を色々調べてみたんです。例えば毎年払っている税金の額を徴収票とテキストの計算方法を照らし合わせて自分なりに計算してみるなどです。

これだけ勉強してみて試験に臨みました。
結果は…合格しました!嬉しかったです。
皆さんも頑張ってみて下さい!






同じカテゴリーの最新の記事