ケアマネジャー 資格取得のための勉強法

これからケアマネジャーの資格を取ることを考えている方へ


もちろんケアマネジャーの資格試験にも、傾向と対策があります。
傾向と対策というのは、例えば、
出題範囲
出題形式
問題のレベル
などです。

やみくもに参考書などを丸暗記していくよりも、ケアマネジャーの試験問題の傾向と対策を理解しておくことで、効率的に合格に近づけます。

ですから、まずやるべきことは

  • ケアマネジャー 資格取得までの道筋を把握する
  • そのために必要な学習時間を把握する
  • 問題傾向を理解して効率的な学習方法を知る
  • 最短で合格するための学習プランを立てる

です。



ケアマネジャーの資格試験

ケアマネジャーと言えば、これから介護を必要としている対象者の親族の方などに、適切な介護計画を親身になって提案していくお仕事です。
ただの職員と違い、資格を得てお仕事に初めて就けるので、介護を依頼する人にとっては、とても信頼出来る相手と言えます。

さて、このケアマネジャーになるには先ほど書いた通り、試験を受けて合格する必要があります。
この試験は、なんと一年に一回しか行われないので、いつでも試験を受けてケアマネジャーになる、という事は出来ません。つまり計画的になる必要があります。
さて、試験受ける際の費用についてに進みます。平均的な費用については五千円程度と言えます。
なかには一万円近くかかる県もありますので、必ず受ける前に電話などで費用の件を質問していきましょう。

いざ、試験会場に到着してお金が足りず、その年のケアマネジャー試験は受ける前から不合格に終わる・・・、なんて事は特にお気をつけくださいね。

一番の問題は難しいのか?という件です。はい。とても難しいです。
来場した方の3割程度が合格し、あとの7割は落ちるほど難しいです。

そのため、ケアマネジャーは人手不足とも言えます。
しかし、狭き門の合格者こそ依頼する人にとっては、安心出来るのです。
そんな、頼れる・誇れるケアマネジャーを目指してみてはいかがでしょうか。

ケアマネジャー 試験勉強体験談

福祉の現場で5年間働いて、ケアマネジャーの受験資格を得た私は、ケアマネとしてすぐに働く予定はありませんでしたが、自分が福祉を頑張ってきた証明になるかと思い、ケアマネジャー試験を受けることにしました。

まずは分厚い教科書的なテキストを買って、読み込むことから始めました。たくさんの教科を一気に覚えるのは無理なので、一教科分読んだら、テキストに準じた問題集をして理解を確認するという方法で勉強しました。

全て一通り終えたら、次は教科書を読み込み、少し応用が効いている問題集をしました。

問題集をする時に、答えは直接問題集には書き込まずに、ノートに書き込んで採点するようにしました。間違えた問題には問題集に×の印を付けました。そうすることで何度も問題集を解くことができますし、また×の問題だけを解くこともできます。

間違えたところを重点的に学習して、苦手教科をなくしていきました。黙読しているだけでは暗記しにくいことがあるので、私は声を出して読む、紙に書きなぐるなど、身体を使った覚え方をしていました。

教科書に準じた問題、応用問題を終えた後、実際の試験問題にチャレンジしました。実際の試験時間と同じ時間で、自宅にいながら模擬テストのように問題を解きました。

試験の傾向をつかむことで、その後重点的に学習したら良いところを抽出して、苦手を克服していきました。
試験直前には、苦手教科を中心におさらいをしました。

このような勉強法で、一発で合格することができました。






同じカテゴリーの最新の記事